訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

あん摩マッサージ指圧師の基本業務


あん摩マッサージ指圧師の基本的な業務は、手技を使い体の血行をよくして、コリや痛みを改善し、体の不調をよくすることです。あん摩マッサージ指圧師の多くは、治療院やマッサージ店などに勤務し施術を行います。中には患者さんの自宅に行く訪問マッサージとして活躍しているあん摩マッサージ指圧師もいます。
あん摩マッサージ指圧師の基本的な業務は患者さんとコミュニケーションを取りながら、手技を使い体の不調を取り除くことです。

1日の始まりは明るく元気にスタート

病院や美容外科、マッサージ店、スポーツ施設などさまざまな場所で勤務しているあん摩マッサージ指圧師は、勤務先によって細かな業務は異なることもあります。今回は、より多くのあん摩マッサージ指圧師が勤務する治療院での1日の業務を紹介します。午前中の業務は次のようなスケジュールです。

8:15 出勤
制服に着替え、院内の清掃やベッドの消毒を行います。

8:45 朝のミーティング
スタッフ全員でミーティングをします。1日の予定や患者さんに関する情報交換をし、明るい笑顔で仕事をすることを再認識し、それぞれの持ち場でスタンバイをします。

9:00 診療スタート
診療を開始します。初診の方には問診をします。日常生活などについても話しを聞きます。再来の方には経過を確認し、体の様子をチェックしながら治療をします。

12:30 お昼休憩
午前中の患者さんの施術がすべて終了した時点で午前中の業務が終了し、お昼休憩に入ります。患者さんが多い日には、受付終了後も施術をすることもあります。

学生や社会人の患者さんが多い午後の診療

治療院で働くあん摩マッサージ指圧師の1日の業務は基本的にはどこの治療院でも同じです。ただし、開店時間によってはシフト制になっていることも多いので、勤務時間や休日が変わることも多いです。ここでは、あん摩マッサージ指圧師の午後の業務を紹介します。

15:00 午後の診療スタート
午前中は高齢者や主婦の方がメインですが、夕方になると会社員や学生が多くなります。電話での相談を受け付けていることも多く、施術の合間には電話での応対も行います。

18:00 診療終了
最後の患者さんの施術が終わったところでその日の診療が終わります。

18:30 片づけ・清掃
片づけ・清掃、書類の整理をし、明日の診療準備をします。情報伝達があれば、報告をし、業務終了です。帰宅準備に入ります。患者さんの数などによっては多少の残業もあります。

以上が治療院で働くあん摩マッサージ指圧師の業務内容です。患者さんだけではなく、スタッフ同士のコミュニケーションも良好にするために、明るく元気に声をかけ合いながら仕事をします。

明るく元気に声をかけ合いながら仕事をする

治療院に勤務するあん摩マッサージ指圧師の業務は基本的にはどこでも変わりませんが、開店時間によってシフト制を導入していることも多いので、勤務時間は人によって変わります。
治療院は午前中は高齢者や主婦、夕方になると学生や会社員が多くなります。患者さんの数によってお昼の時間や1日の治療時間がズレることはありますが、忙しくても明るく、ていねいな施術をしなければなりません。患者さんに対してはもちろん、職場のスタッフとのコミュニケーションも重要なので、明るく元気に声をかけ合いながら仕事をします。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム