訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

在宅医療マッサージ


企業の詳細と特徴

開業資金が少なく、リスクを避けて独立したい方にお勧めの在宅医療マッサージは、本業として取り組むのは勿論ですが、副業という形で事業に携わる方が多いのが特徴のフランチャイズです。
手厚いサポートが受けられることで知識がない方でも経営者になれますが、きちんと学べる研修期間が設けられている安心感は大きいです。
幅広い年齢層の客層が利用する業界ならではの強みで、一度信頼関係が築けますと、固定客として何度も利用するリピーターとなる可能性があります。
個人宅や施設へお邪魔して施術をする仕事ですので、施術の技能と同じぐらい接客マナーや身だしなみなどを注意することが求められます。
在宅医療マッサージのフランチャイズなら、ストック型ビジネスとして売り上げが積み上げられることは確実ですので、事業で失敗するような危険性がなく、少ない経費でもしっかり営業利益を稼げるようになります。

どんな人に向いているの?

自宅や施設などプライベートな部分へ足を運んで施術をする仕事である訪問マッサージは、信頼関係を築くことが重要です。
顧客の立場に合わせた接客ができる人や、人とのコミュニケーションが苦にならない方に向いています。
施術をしないオーナーにも同じような能力が求められますので、経営の身を行っていれば良いと考えるのではなく、本部と施術スタッフの双方とより良い関係を築ける人に向いています。

申し込みからの流れ

在宅医療マッサージの考え方やフランチャイズ契約に関心がある方は、サイトから資料請求をして詳しく調べる所から始まります。
より詳しい話を聞きたい方に最適な個別面談会なども開催していますので、都合が良い日時に予約をして、具体的な話を聞くと更に興味が深まります。
加盟するまでに何度も面談を重ねるケールもありますが、十分納得して正式な契約をする為ですので安心です。
正式にフランチャイズ契約が締結した場合には、開業場所を探します。
僅かなスペースでも開業できる訪問マッサージの場合、自宅で開業することもできますので希望する場合には相談すると良いでしょう。
加盟金の一部である50万円を支払って、残りの金額は決められた期日までの納める形になります。
開業に関する手続きは本部が一括して行うので、手際良く進めてもらう為にも任せてしまう方が早いはずです。
様々な研修を重ねて開業する運びとなりますが、その後もレセプト請求の指導などサポートが続きます。

モデル収益例

施術者が5名の場合、売上が440万円で支出費用として、店舗の賃貸料金や人件費など237万円を差し引きますと、オーナーの収益は203万円になります。施術者の人数や稼働日数によって異なりますが、おおよその事例になります。

口コミ情報①

自分自身の経験を活かして働ける場所を探していた時に、開業について進められました。在宅医療マッサージのフランチャイズ契約は、未経験者でも安心のサポート体制が充実しているので即決しました。(30代:女)

口コミ情報②

定年後の楽しみや生きがいとして、フランチャイズでオーナーになれる在宅医療マッサージについて興味を持ちました。少ない自己資金で始められる福祉ビジネスで、自分が地域の人の為に役立っている喜びが大きいです。(60代:男)

口コミ情報③

若い自分には無理な挑戦だと家族に反対されましたが、どうしても在宅医療マッサージのフランチャイズに興味があり、今回挑戦することにしました。まだ始めたばかりですが、自分の頑張りが評価されるようで今からワクワクしています。(30代:男)

口コミ情報④

人と接する仕事が好きでしたが、今まで福祉とは無縁の仕事をして働いていました。資料請求と説明会で直感が働き、一念発起して開業できるようになりました。(40代:女)

口コミ情報⑤

年齢的には年を重ねていますが、まだまだ現役で働きたいと考えて今回開業することにしました。在宅医療マッサージのフランチャイズ契約は一生の仕事としてこれからも頑張れそうです。(60代:男性)

企業情報

運営元 在宅医療マッサージ株式会社
屋号 不明
店舗数 16店舗
本社所在地 〒210-0003 神奈川県川崎市川崎区堀ノ内町12-6-2F
URL http://www.zaitakuiryo-massage.com/
資本金 5000万円

フランチャイズ情報

加盟金 150万円
研修費 48万円
管理費 人件費、場所代など
ロイヤリティ 100,000円【税別】
実績(加盟店舗数) 21店舗
設立 平成15年10月設立
募集エリア 日本全国
加盟条件 男女、年齢不問。
開業までの日数 6か月

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム