訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

鍼灸師の給料


原動力となり生活にも大きく関係する収入は、良く知っておきたい項目です。鍼灸師として働く際に、気になる給与面について調べてみましょう。

鍼灸師の給料相場(スタッフ勤務の場合)

鍼灸師として働く方の多くが店舗で雇用されて専門スタッフとして働きます。
店舗の規模や年齢、経験などによって金額に差がありますが、月収20万円前後が相場のようです。
ボーナスは店舗によって違いますので、場合によっては月収に含まれていて賞与という形態を構築していない店舗もありますが、ボーナスが年間50万円から100万円前後と考えますと、年収が350万円程度が多いようです。

鍼灸師の給与相場(独立開業の場合)

では独立して開業している鍼灸師の給与相場はどうなっているのでしょう。
個人で事業を進めているので、こちらも様々なケースが考えられますが、受け付けなどにスタッフを雇用して自分が施術を行っている場合で考えますと、売上から様々な経費を引いた残りが営業利益となります。
仮に売上が100万円で経費が50万円だった場合、鍼灸師であると同時に経営者である自分の手元には50万円が残りますので、これが月収となります。
個人経営は上手く行く場合には収入が良いですが、場合によっては経営不振で閉店ということも珍しくありません。

鍼灸師の給与形態

鍼灸師の給与形態は様々で、採用された店舗などによって異なります。
しかし国家資格を持っていることでスタッフとして雇用していますので、資格手当のようなものが追加されて収入が増えているケースもあります。
基本的には月収とボーナスで構成されている会社員と同じような給与形態が多いですが、まれに歩合制で施術した人数で収入が違う店舗もあります。生活に関係する収入面は、雇用先について調べる際に良くチェックしておきたい項目の一つです。

鍼灸師が給与を上げるためには

鍼灸師が給与を上げるためにいくつかの方法がありますが、一番は経験を積んでいくことです。
年齢と共に収入が上がりますので、技能を磨きながら経験値を高めていくことが大切になります。
そうすることで店舗内での役職が与えられ、役職手当が追加されることにもなるでしょう。
そのまま頑張って続けていることで、副院長など少しは経営に携われるようになると、更に給与が増やせるかもしれません。
また勤務先の許可を得て、休日に副業として自宅などでサロンを開くなどをしますと、将来の開業への練習にも繋げられます。

まとめ

鍼灸師の給与面について参考になりましたか。
鍼灸師に限らずどのような仕事にも給与が必要不可欠ですが、金額ばかりにとらわれえるのではなく、自分がやりたい仕事ができる環境を維持することが大切です。
店舗スタッフと独立開業では収入差がありますので、個人での経営を考えている方は是非参考にしてみてはいかがでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム