訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

鍼灸師の現状と将来性


鍼灸師の資格を持っていることで、多くの働き方が期待できるイメージですが、実際にはどのようになっているのでしょうか。あまり知られていない現状や需要、将来性について詳しく調べてみます。

鍼灸師の現状

国家資格を取得することで鍼灸師として働けるようになりますが、資格を活かして働いている人がいる一方で、まったく違う仕事をしている人も少なくないのが鍼灸師の現状です。
医師などと同じで資格を持っていることでできる施術も多いですが、施術の能力のみでなく人と関わる仕事ですので、中にはストレスを感じる人もいます。
特に体調が悪くて鍼灸院を利用するケースがほとんどですので、利用者目線でサービスを提供する必要があります。
また、勤務先によっては人手不足で忙しく、思うように休暇が取れないなど、長く続かないこともあるようです。

鍼灸師の需要

資格を持っていることでの強みがある鍼灸師は、様々な場面での需要があります。実際には鍼灸院で働いている方が多いのが現状ですが、個人で店舗を経営して自分流のスタイルで働く方も増えています。
最近では女性の鍼灸師も増えていて、自宅をサロンのようにして開業するなど、活躍の幅が広げられます。
このような事業ができるのはインターネットの普及が大きく、誰もが手軽にブログなどで顧客を募ることができます。
またストレス社会の現代人にとっても、体の疲れを解消できる鍼灸師の技能は必要不可欠です。

鍼灸師の将来性

では鍼灸師の将来性はどうでしょう。年齢を重ねても続けられる仕事として、高い将来性が感じられます。
重たい荷物を運ぶなどの重労働はなく、室内で患者へ施術するのみですので、天候に左右される仕事でもありません。
何より国家資格を取得していることで、働く場所は沢山ある上に独立や開業も夢ではありません。
高齢化が進むだけでなく疲れを抱える方が多いストレス社会では、鍼灸師に力を借りて元の自分を取り戻したいと考える方が多いはずです。

美容やスポーツの業界でも集まる注目

少し地味な印象を受ける方もいる鍼灸師ですが、最近では美容効果が期待できると注目されています。
健康志向と同じように若く美しい自分を維持する為に頑張る方は多く、鍼灸師に施術を依頼してリフレッシュする方が増えています。
またスポーツの世界からも注目されていて、アスリートの健康維持やケガからの回復に鍼灸師の施術を希望するケースがあります。様々な場面で活躍できる可能性がある鍼灸師は、多方面から注目される職業です。

まとめ

鍼灸師の現状について理解できましたか?あまり資格が活かせないと考えるかもしれませんが、働き方や自分を高める方法や手段は沢山あり、無限の可能性がある国家資格です。
既に取得済みの方から現在勉強中の方、これから勉強しようか悩んでいる方まで、鍼灸師の現状を知って、今一度自分自身に適した選択をしてみてはいかがでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム