訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

鍼灸師の開業準備


鍼灸師が開業準備にすることにはどのようなことがあるのでしょう。
店舗でスタッフとして雇用されている時とは違い、経営に関することを始め色々なことを全て自分で決めていく必要があります。
今後の参考に是非役立ててみてはいかがでしょう。

開業準備で考えるべきこと

鍼灸師の開店準備で考えるべきことは、開業をする目的や具体的な目標を明確にすることです。
学生の頃に試験前などに目標を定めて一生懸命勉強をした経験がある方が多いはずですが、それと同じで顧客数や売上目標などを具体的に明示した方が意識を高められますのでお勧めです。
何よりどうして自分は鍼灸師として開業することにしたのかを今一度しかり考えておくことも、開店準備の期間にやることの一つです。
忙しい時期に難しいかもしれませんが、15分でも30分でも良いので良く考えて、紙などに書いて張り出しておきますといつも視界に入るので意識する機会が多くなります。

開業準備でするべきこと

開店準備でするべきことは、やはり身近な人を頼った口コミです。
最近ではSNSなどの普及によって情報の拡散が容易に行えるようになっています。
便利なツールを活用することで、宣伝費用を削って自社をアピールできます。
開店準備で大きく費用を掛けてしまう宣伝費用ですが、個人で開業して鍼灸師として経営するためには、できる限り最初は無駄な費用を掛けない習慣を身につけておくことが大切です。
そのためにも家族や友人、知人などの人脈を活用して、少ない宣伝費用で店舗の存在をしてもらいましょう。

開業準備で購入する必要があるものは?

鍼灸師として経営者の立場になる場合、開店準備期間中に購入するものと考えますと沢山ありますが、利用者が使用するベッドは少しランクが高い商品を利用するのがお勧めです。
体調が優れないことで鍼灸院を利用しますので、ゆっくり寛げるベッドはまた利用したくなるきっかけにつながります。
またシーツなどの寝具類もこだわった商品を使用することで、特別な空間として施設へ足を運んでもらえるはずです。
利用者が直接肌に触れて使用するものは、少し高級感があるものを選ぶようにしますと、忙しい開店準備期間中でもスムーズに買い物ができます。

開業前チェック!

開店前にチェックすべき項目はいくつかあります。
これはこれから鍼灸師として事業を始めて成功に繋がる大切なポイントとなります。
一つ目は広告などの宣伝関連品のチェックです。広告類の誤字脱字は勿論ですが、忙しさで気がつかないまま印刷してしまった部分があるかもしれません。
また最近はホームページを立ち上げて事業を開始するケースが多いので、サイトの内容を再度確認しておく必要があります。
手続き関連も全て無事に完了していることも確認しましょう。
書類の不備などで再度手続きが必要な場合には、正式な許可が下りていないこともあります。
その他店舗内の清掃状況など利用者目線で細かくチェックして完璧な状態でオープンさせるのが大切です。

まとめ

鍼灸師が個人で事業を開始するまでには、様々な開店準備に関するチェックが必要であることが良く分かりました。
鍼灸師のみならずどのような業界でも同じですが、利用する方がどのようなサービスを求めてわざわざ来店しているかを考えますと、自然と考えることや準備することが見えてきます。是非参考にしてみてはいかがでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム