訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

訪問マッサージの開業に欠かせないもの


様々な方法で開業が実現できる訪問マッサージ業ですが、どのような方法でも忘れずに準備するものや、あると便利なものは沢山あります。フランチャイズでの開業の場合には、細かなことまで配慮してもらえますが、仮に個人で独立をして訪問マッサージ業の開業をする場合には、全て自分自身で準備を整える必要があります。特に大切な届け出が必要なものが多く、書類の準備方法なども事前に知っておくだけで、準備がスムーズになります。どのような方法で開業する場合にも、支持される訪問マッサージ店を経営するためには、早めの準備や事前の情報収集が成功へと繋がります。

保健所への届け出が求められます

訪問マッサージの開業をする場合、開業届と開設届を提出して受理してもらう必要があります。この開業届と開設届けが申請されて受理されなければ、訪問マッサージの開業ができません。申請の方法は簡単で、保健所へ行って必要な書類を取り寄せて手続きするだけです。しかし保健所の受付時間などを良く確かめてから足を運ばないと、二度手間になってしまう危険性があります。訪問マッサージの開業には、細かな書類の提出を求められることが多いので、しっかりと方法を確認しておきましょう。

税務署への届け出が求められます

保健所だけでなく税務署への届け出も必要なのが、訪問マッサージの開業時の手続きです。保健所に開業届を申請しますが、税務署にも同じように開業届を申請して受理してもらいます。書類の申請方法は保健所の時と同じで、必要書類を取り寄せて必要事項を記載して提出します。保健所と税務署が近い場合には、両方の申請手続きを同じ日に済ませてしまう方法がおすすめで、忙しい時期でも時間を効率良く使えます。また保健所と同じように、受付時間などを良く確認してから足を運ぶことで二度手間にならずに済みます。

鍼灸マッサージ師会への加入手続きをします

訪問マッサージの開業をする場合には、当然ですが鍼灸マッサージに関わる国家資格を有する人材が必要になります。それは経営者である本人でももちろん構いませんが、資格取得者を雇用する方法での開業も可能なのが訪問マッサージの良さです。開業時の手続きとして、全国の鍼灸マッサージ師が加入する鍼灸マッサージ師会への加入が必要で、税務署や保健所へ行って申請をするわけではありませんが、忘れずに行うべき申請です。この鍼灸マッサージ師会へ加入していますと、鍼灸マッサージ同士での交流や情報交換もしやすく、孤独になりやすい開業でも、安心して経営できるのがポイントとなります。

生活保護法医療扶助担当者登録の手続きが必要です

多くの手続きを踏むことによって、ようやく開業が実現できる訪問マッサージですが、生活保護法医療扶助担当者登録の手続きも求められます。あまり馴染みがないものですが、申請方法は、地域の福祉事務所へ行って必要な書類を取り寄せます。必要な内容を記載して申請手続きをしますが、場合によっては各都道府県のホームページなどから必要書類をダウンロードできる可能性もあります。様々な申請方法がある生活保護法医療扶助担当者登録ですが、訪問マッサージの開業には欠かせない手続きですので、保健所や税務所などでの申請と合わせて速やかに済ませるのがおすすめです。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム