訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

知っておきたい訪問マッサージについて


文字通り訪問をしてマッサージをすることから、様々な立場の人が利用できる訪問マッサージとは、一体どのようなものなのでしょう。運動機能の向上やリハビリの一環など、医療機関での対策のみでは難しい場合に行われるサービスで、自宅だけでなく介護施設などの入居先での依頼にも応じています。訪問マッサージとは異なるサービスも沢山ありますが、体が自由に動かせず、店舗になかなか通えないなどの事情がある場合に大変重宝します。

訪問マッサージの詳しい内容を理解しよう

訪問マッサージとは、基本的には自宅のみでしか行われない印象ですが、介護施設など自宅以外の場所で生活している場合でもサービスを受けられます。経験豊富なスタッフがその日の体調に合わせたリハビリなどを行ってくれますので、サービスを受ける本人だけでなく、世話をする家族も安心できる時間となっています。訪問マッサージとは、ただ単に医療を提供するだけでなく、安らぎや癒しを与えることも可能です。

訪問マッサージでの事務的作業とは

訪問マッサージとは、ただ単純に利用者にサービスを提供すれば良い訳ではなく、予約の受付など、従業員の給与に関する事務処理など沢山の仕事があります。仮に開業をして経営者となった場合、細かな事務作業は専門のスタッフを手配するほか、業務委託のサービスを利用して外部へ発注することもできます。訪問マッサージの仕事に集中するために多くの店舗で行っているやり方ですので、参考にするとよいでしょう。

知っておきたい訪問マッサージの開業資金

開業や独立は多くの人が憧れるスタイルですが、訪問マッサージの場合には開業資金として500万円ほど用意しておくと安心でしょう。思いがけない出費や想像しなかった経費が出現する可能性を考えますと、多めに用意しておいてちょうど良いという可能性があります。訪問マッサージとは、決して簡単な方法で儲かるわけではありませんが、需要が高まっている業界であることは確かです。

気になる給与面のことを紹介します

訪問マッサージとは、様々な方法で事業を始めることができます。自分自身で資格を持っていて、事務作業なども全てを行うようにしますと、売り上げた金額から経費を差し引いて、全て自分の給与となります。しかし自分では資格を持っていない場合、多くの人件費を必要としますので、売上から従業員や自分の給与も全て算出する必要があります。仮にマッサージ師として就業した場合、その年収にはバラつきがあります。

気になる開業した場合の収入は?

従業員として働く訪問マッサージとは異なって、開業すると自分自身の資格をしかして好きなように働けるのがメリットです。自分の頑張りがそのまま収入に繋がることから、モチベーションを高めて働けます。中には1,000万円ほどの年収を得る人もいて、従業員として働く有資格者に比べて約2倍の収入アップとなります。経営者として大変な面も多いのが訪問マッサージの開業ですが、誰もが一度は憧れる働き方でしょう。

稼げる訪問マッサージとは

訪問マッサージの開業とは、単純にサービスだけを提供すれば良いのではありません。しかし利益ばかりを追い求めるだけでも成功できないのが特徴で、多くの支持を得て地域医療に貢献できるようになるためには、地道な努力や迅速な対応などの細かな配慮が重要です。訪問マッサージの開業を検討している方は、自分に合った方法を見つけて、メリットだけでなくマイナス面にも目を向けて良く思案することをおすすめします。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム