訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

フランチャイズの開業で失敗する人の特徴


フランチャイズで開業した方には、上手く成功させて事業を軌道に乗せて拡大さている方がいる一方で、失敗してしまう方もいます。しかし、全ての方に望みがないわけではなく、ちょっとした心掛けや態度を変えるだけで大きく変化させること可能です。
またフランチャイズの開業で失敗してしまう方には、共通するいくつかの特徴があります。この特徴を理解しておきますと、失敗するリスクを少しでも回避できます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

何でも人任せで自ら行動しない人

フランチャイズの開業で失敗してしまう人の特徴は、何事も人任せであるということです。責任を負いたくないという逃げの姿勢が強い方に多く、全て人任せで行動する人は、フランチャイズの開業で失敗する確率が高いでしょう。
オーナーとして周囲を引っ張る存在であるという自覚がない場合には、どんなに優れたサポート体制があるフランチャイズの開業であっても、初めは上手くいくかもしれませんが、徐々に様子がおかしくなることは目に見えています。

絶対に成功する!という熱意が足りない人

フランチャイズの開業で失敗してしまう人の特徴は、この事業で絶対に成功する!という強い意志がない人です。沢山のサポート体制が整っているフランチャイズの開業ですが、だからと言って楽に稼げるようなイメージで軽く始める方は、失敗する可能性が高いでしょう。このような方の特徴は、あまり働くこと自体に意欲的ではなく、夢ばかりを語っているような甘い考えの方が多いようです。

何となく流れでやっている人

フランチャイズの開業で失敗してしまう人の特徴は、何となくこの事業に関わっているというような考えの方です。簡単に稼げる仕事を探していた方や、オーナーという肩書が欲しい方など、安易な考えでフランチャイズの開業を始めた人が多いのが特徴で、このような無計画な方は失敗する傾向にあります。
確かに全くの個人経営とは違うフランチャイズの経営は、ネームバリューの大きさがありますので、多少スタートが楽かもしれませんが、甘い考えで始めるのは危険です。

利用者の目線に立ったサービス提供ができていない人

フランチャイズの開業で失敗してしまう人の特徴は、利用する方に立場に立ったサービス提供ができない人です。特に利用者目線での考えが必要な訪問マッサージは、自分の立場からしか物事を見ることができない人ができる業界ではありません。
そういった人は、利用者だけでなく働く従業員とも意見が合わなくなるのが特徴です。利用する方がどのようなことを望んでいるのかを常に考えられるようにならないと、フランチャイズの開業で失敗してしまうでしょう。

他店の儲かっている話をそのまま信じてしまう人

フランチャイズの開業で失敗してしまう人の特徴は、他店の儲かっている話をそのまま信じてしまう人です。純粋で素直であるという評価もできますが、このような人の特徴は、周囲の情報にいつも振り回される傾向にあり、人との比較や他の店舗との比較にばかりエネルギーを注いでしまう傾向にあります。
もちろん経営者として情報収集は大事な行動ですが、儲け話の多くは話が大きくなっていくという特徴があります。少しは疑う余裕も必要でしょう。

フランチャイズの開業で失敗しないように心掛けた方が良いこと

フランチャイズの開業で失敗してしまう人の特徴を理解しておきますと、実際にオーナーになった時に自分で気を付けることができるので、とても役に立つでしょう。参考にしてみてはいかがでしょうか。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム