訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

在宅介護サービスの種類とメリットなど紹介


自宅で生活をしながら介護のサポートを受けられる在宅介護は介護する側の心身の負担軽減につながります。
高齢化社会を迎えるなかで、効果的に利用することを考えるのは当然です。
一口に在宅介護といっても、さまざまな種類があります。
それぞれの種類におけるメリット・デメリットを理解すれば、いざ利用するときに戸惑うことは少なくなるはずです。

在宅介護サービスの種類について

在宅介護のサービスは日本の少子高齢化に伴い、社会のニーズも増えています。
そして、その担い手、スタッフ、社会全体として積極的に助け合い、行政システムとしても医療関係者がどのように携わるべきかを検討することが続けられています。
種類も細分化されており、診療報酬や行政のルールも変動するため、事業主や医療関係者には時代に応じた変化に対応することは、目まぐるしい近年において決して簡単なことではありません。
在宅介護サービスの種類は多岐にわたっており、ひとつひとつひも解いていきましょう。
訪問介護サービスは介護士がその地域の医師や看護師が自宅を訪問して日常生活の介助を行うとともに、料理や選択などの生活援助を受けられるサービスとなります。
利用するための条件は要介護認定されていることです。
注意点となるのは介護保険等が利かずに高額なることです。
訪問リハビリテーションは理学療法士や作業療法士が自宅に訪問して食事や着替えやトイレなどを自分でできるように支援します。
最終的に自立した日常生活を送れることを目的とし、介護者の負担の軽減にもつながり、介助方法の指導も受けられます。
訪問入浴は自宅に専用の浴槽を持っていき、入浴が難しい利用者の入浴をサポートするものです。
入浴準備や入浴介助等のサービスを受けられます。

地域密着型サービスは厚生労働省によって平成18年に創設されました。
対象者となるのは提供する施設や事業所がある市区町村に住んでいる人です。
夜間対応型訪問介護、小規模多機能型居宅介護、複合型サービスなどの8種類のサービスを受けられるのが特徴です。

在宅介護サービスのメリット・デメリットとは

在宅介護サービスのメリットとなるのは、自宅で家族と生活をしつつ必要に応じて介護サービスを受けられることです。
人それぞれ異なるものの、住み慣れた自宅での生活を望むという人も少なくありません。
自宅での介護を受けられることが、介護するご家族の負担軽減にもつながります。
施設への送り迎えは時間がかかるとともに、経済的な負担にもなります。

自宅で暮らしたいと希望する利用者あるいはご家族の要望を叶えられ、そのうえで介護サービスを受けられるのは大きいです。
デメリットとなるのはご家族が一緒にいられない場合に、専門家のケアを受けにくい点です。
ご家族の都合に合わせて介護サービスを利用するのが一般的で、費用が高くなるのも懸念事項となります。

どの介護サービスを選択すべきか

介護サービスは大きく分けると在宅介護サービス、施設サービス、地域密着型サービスに分けられます。
それぞれの種類にメリット・デメリットがあるため、いちがいにどの介護サービスを選択すべきはいえません。
重要になるのはメリット・デメリットを比較検討することです。
費用や要介護度、利用者の希望や家庭の事情も踏まえたうえで介護サービスを選択しましょう。
在宅で介護サービスを選択する場合は、まず利用者の希望とご家族が在宅で一致しているかが大切です。
そして、費用が高くなることも加味して問題ないかも考えた方がよいでしょう。
もちろん、ご家族の負担も無視はできません。
在宅介護サービスを選択すればご家族の負担は軽減されるため、生活状況を考えての選択をしましょう。

まとめ

在宅介護サービスの種類は多岐にわたっています。
それぞれの種類でメリット・デメリットがあるため、どの種類を選択するのがよいのかを考えるのが肝心となります。
利用者が自宅にいながら介護サービスを利用できて、介護する側のご家族の負担も軽減されるのが特徴です。
その一方で費用が高くなるという点が懸念事項となります。
状況に応じて施設サービスや地域密着型サービスの利用も視野に入れた方がよいでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム