訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

訪問鍼灸の営業活動で用意すべき持ち物と適切な考え方


訪問鍼灸を独自開業した場合、営業活動は欠かせません。
ただ待っているだけでお客様が増えると考えるのではなく、積極的に営業活動を行っていくべきです。
しかし、闇雲に行動すればよいわけではありません。
まずは何を用意しておけばよいのかを把握すべきです。
さらに、自分を知ってもらうための適正な考え方も身につけていきましょう。

訪問鍼灸の営業活動で用意すべき持ち物とは

訪問鍼灸の営業活動を行うにあたって、チラシは名刺を持っていくのは必須です。
相手に何の営業であるのかを明確に理解してもらうのが大切であり、怪しいと思われるのを避ける意味もあります。
ほかには、自転車があると便利です。
歩きでの移動が悪いわけではないものの、時間的な都合を考えると自転車に分があるといえるでしょう。
さらに、目的のエリアに足を運ぶにあたって電車を使わなくて済みます。
ハンカチもエチケット道具として用意しておくべきです。
見た目の印象が汗だくであることが話を聞いてもらえない理由にもなりかねません。
不潔な印象を持たれないようにするのが大切です。
着替えも同時にハンカチでは防げないほどの汗をかいたときに用意しておくべきです。
スマートフォンの地図とメモ機能も有効活用しましょう。
足を運んだ場所を色分けしておくと便利であり、どんな説明をして名刺を渡せたのかといったメモもしておくと忘れることはありません。

モバイルWi-Fiも低速制限モードになったときのことを考えて用意しておいた方がよいでしょう。
そして、鍼灸道具の道具を見せながら説明するために用意が必要です。
基本的に鍼灸について何も分かっていない人が大半であるため、より分かりやすく説明するために鍼灸道具が必要になります。
訪問相手に不快感を与えず、スムーズに行動ができるように準備を進める必要があります。
訪問すれば自分自身や鍼灸のことを理解してもらえると考えるのではなく、相手の立場に立って理解してもらうことを強く意識しましょう。

訪問鍼灸の営業活動を行う前の準備について

訪問鍼灸の活動を行う前には商材を用意するのが基本です。
鍼灸がどういった効果を示すのかを知らない人も少なくありません。
その商材自体を知りたいというわけではなく、その商材で何ができるのかを知りたいと思うものです。
ただの長めの説明になってしまうことは避けるべきで、効果やメリットについての説明を意識しましょう。
また、相手が聞きたい話をするという点も意識した方がよいでしょう。
どれだけ説明をしたとしても、相手が理解していないとまったく意味はありません。
相手の反応を伺いつつ、トークを展開していけるようになれば、成功する可能性は高まるものです。
さらに、よい人柄であると思われることも大切な要素のひとつです。
人間である以上、好き嫌いがあって当然であり、相手の雰囲気に合わせるという努力もしていくのが望ましいといえます。

情報不足が不信感につながる

訪問鍼灸の営業活動を行うときに情報不足はそのまま相手が不信感を抱く理由になりかねません。
伝えられる情報量に限りがあると、相手が求めている情報量より下回る可能性もあります。
そのため、この人なら問題ないと思われるだけの情報を提供するようにしましょう。
ただ鍼灸の営業活動と伝えるだけでは意味がありません。
自分を売り込んで受け入れてもらってこそ意味があるといえます。

まとめ

訪問鍼灸の営業活動は今後の事業成功に大きく関係する要素となります。
まずは必要な持ち物を揃え、そして訪問した相手に自分を理解してもらえるように準備をしましょう。
訪問した相手の大半は鍼灸について造詣が深くはありません。
短時間で自分のことを理解してもらうためには相手の立場に立たないといけません。
相手からいただいている時間をより有意義なものとするためには、事前の準備が肝心となります。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム