訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

求められるのは技術力だけではない


鍼灸師をしていく中で、つらいことやたいへんなことの一つは、コミュニケーションの取り方です。どのような仕事でも、コミュニケーションは重要で、つらいことたいへんなことも多いと思いますが、鍼灸師は人の体に直接触れるため、より信頼関係は重要です。コミュニケーションが取れていないと施術の成果も上がらないこともあります。
また、近年ではお店の雰囲気を女性向けにしているお店も多く、店舗デザインやお店の雰囲気といったところでお店を判断されやすい面もあります。このため、せっかく技術力が高くても、集客ができるお店づくりも考えなければなりません。

一般的に浸透していない有資格者の技量

鍼灸師という仕事に対しての世間の認知度が低いことも、仕事をしていくなかでの悩みのひとつです。鍼灸師はつらい勉強やたいへんな研修を乗り越え、はり師・きゅう師という国家資格を取得して仕事をしています。知識も技術的にも信頼できるものなのですが、一般の人にとっては有資格者も無資格者も区別がつきません。
そのため、鍼灸師のいるお店でも、お客さんが多く入るとは言えず、たいへんな思いをして開業をしても、閉店しなければならないというつらい状況になってしまうことも少なくありません。

より深い信頼関係が重要

鍼灸師は、体をチェックすることで痛みや苦痛が生じている原因を見つけることも可能ですが、より正確な施術をするためには、患者さんとのコミュニケーションは欠かせません。
患者さんの中には高齢者もいれば、10代の患者さんもいます。それぞれの年齢や性格などを理解し、患者さんを取り囲む背景も含め接していくことが重要です。うまく話しを引き出せないと施術のよしあしにも関係することもあります。
コミュニケーションの取り方はたいへんです。施術の効果が出ないとつらい言葉を浴びせかけられることもあります。
さらに体を触る鍼灸師の仕事は、より深い信頼関係が求められます。そのためにも細やかな配慮も必要となります。

人の役に立ち、喜ばれる瞬間は鍼灸師の醍醐味

つらいことやたいへんなことが多い鍼灸師ですが、それでも続けられるのは、つらいことやたいへんなことを乗り越えていけるだけの喜びとやりがいがあるからです。
最初はコミュニケーションが取れなかった患者さんと接しているうちに、鍼灸師としての実力を認めてくれて、感謝されたり、自分の施術で患者さんの体調がよくなっていくのを感じられたりするのは、鍼灸師としてやりがいを感じられる瞬間です。

細やかな配慮が必要な仕事

細やかな配慮が求められる鍼灸師は、コミュニケーションの取り方においてもたいへん労力がいるものです。成果がなければ患者さんからもつらい言葉をかけられることもあり、自分も自信を失くしてしまいます。
また、東洋医学について、世間一般的な認知度はまだまだ足りないともいえるため、理解を得ることも難しいのが事実です。
しかし、患者さんの役に立つことができる仕事は、数少ないものですので、それに大きなやりがいを感じることもできるでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム