訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

活躍の場が広がる鍼灸師の世界


世の中にはさまざまな資格がありますが、鍼灸師もその一つです。鍼灸師の活躍の場は、治療院だけではなく医療現場やスポーツ、エステなど、さまざまなステージへと広がっています。
そうはいっても現実は給料は高くはないし、鍼灸師の資格だけで仕事をしている人は少ないということもあります。しかし、鍼灸師の資格を取得し、勉強と経験を重ねていくことで独立開業などを実現することも可能です。

うれしい現実!鍼灸保険請求額が増額

鍼灸師として独立開業をすると、収入も増えると言われていますが、さまざまな工夫や努力が必要です。
鍼灸師として開業をしてもお客さんが来なくてお店をたたむケースも多い、という現実は知っておきましょう。
独立開業をして成功を収めるには、保険請求に関しても勉強をしておく必要があります。
例えば訪問治療をすれば、往復料も請求できるなど、保険請求の加算などもあります。しかし医療費削減が叫ばれている現実において、保険請求費の請求は条件もあり、簡単ではありません。
それが近年では鍼灸の業界団体の働きにより、鍼灸保険請求費が増えています。医師の間でも鍼灸のメリットを理解し、治療に役立てるケースも多くなってきています。鍼灸師としてはうれしい現実です。

やりがいを持って働ける高待遇の求人

鍼灸師の資格は国家資格であり、専門的知識と技術を持つ鍼やお灸のプロです。
それでも、鍼灸師として治療院などに勤務しても、お店などによっては拘束時間が長く、体力的にも大変な仕事であるにもかかわらず年収はそう高くない、というのが現実です。しかし、現実には高待遇な求人もあります。
高待遇な求人としては、鍼灸師としての知識や技術をより高めるための研修制度が整っていたり、外部への研修や講習受講のサポートをしてくれたりするケースがあります。
鍼灸師以外の資格取得のための支援をしてくれるのは魅力的です。また、姿勢分析機や高機能のカイロベッドなど、設備が整った治療院で、実力を伸ばせる環境を整えられるというケースもあります。

取得しておきたい介護支援専門員の資格

鍼灸師として働いている人の中には、鍼灸師以外の資格を取得して仕事をしている人も多いです。
鍼灸師だけの資格では、給与も上がらないという現実があるからです。さらに、柔道整復師やスポーツインストラクターなどの資格を取得しておくと、独立開業をした際にも仕事面においてもメリットがあります。
介護支援専門員の資格もあるといいでしょう。現在では介護の分野で鍼灸師が活躍しているという現実があります。鍼灸師のほかに、介護支援専門員の資格を取得しておくと仕事の幅も広がりますし、深い知識を得ることができます。
介護支援専門員は適切な介護保険サービスを受けられるよう、ケアプランを作成し、他職種間との橋渡しをする仕事です。専門性の高いこの資格は、鍼灸師としての実務経験が5年以上あれば、受験資格を得ることができます。

スキルアップをすれば活躍の場が広がる

国家資格である鍼灸師の資格を取り、治療院に就職しても年収はそれほど高くないという現実がある鍼灸師ですが、現在では活躍の場が広がり、選択肢も増えています。
独立開業をしても成功するとは限りませんが、保険請求額が増えるなど、うれしいニュースもあります。
また、鍼灸師の求人の中には年収が良かったり、研修が充実していたりするなど、高待遇の求人もあります。
実務経験を積めば、介護支援専門員など専門資格の受験資格を得ることができ、鍼灸師として仕事の幅が広がるでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム