訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

鍼灸師になるための資格とは?


はりや灸を専門に取り扱う鍼灸師は、国家資格をパスする必要がある重要な資格試験の一つです。東洋医学のプロフェッショナルとなる鍼灸師は、独立をして開業することができるほか、専門の施設で施術スタッフとして働くこともできます。
国家資格ですので一度取得してしまいますと、その資格をずっと活かして生涯働くことができます。
重労働などではない鍼灸師の場合、年齢を重ねてからでも続けられることから、長年にわたってキャリアを積めるメリットがあります。

はり師になるための国家資格とは?

幅広い分野での活躍が期待できる鍼灸師ですが、その中でもはり治療のプロフェッショナルはり師は、一生活かせる国家資格ですので、興味がある方は一念発起をして取得する価値が高いです。
専門学校や大学で専門的な内容のカリキュラムを学んで国家資格の受験資格を得る必要がありますが、はり治療の専門家である鍼灸師の場合、若い方だけを対象にした講座ではなく、社会人が将来の独立を見据えて学べる夜間学校なども充実しています。
はり師に興味がある場合は、国家資格取得に向けた勉強が必要です。

きゅう師になるための国家資格とは?

はり治療と同様にお灸で依頼者に安らぎを与えて不快を取り除くきゅう師は、国家資格試験を突破した優れた人材が行っています。
自宅でもできる家庭用のお灸は多数普及されていますが、専門家である鍼灸師が行うお灸の治療は、お灸の効果だけではなく、依頼者を安心させる癒し効果のような交流が実現しています。
専門学校や大学などで専門知識を学んで鍼灸師の国家資格が受験できるきゅう師の試験は、突破することで東洋医学の専門家として、一生役立つ自分の武器となります。

国家資格となる鍼灸師を取得する為のコツ

様々な資格試験が存在する現代ですが、やはり国家資格と民間の資格では持っている価値の大きさが異なります。
特に鍼灸師のように限られた人しか取得していない国家資格を所有していますと、多種多様な分野で広く活躍できる期待があります。
専門学校や大学で勉強をしてそのまま資格が取得できるのではなく、国家試験は別で受ける必要がありますので、長年にわたって学んだことを集約させることが重要です。
また新卒者だけが通う大学や専門学校の分野ではなく、社会人など年齢層が高い人が集まりやすいのも鍼灸師の国家資格試験の特徴です。男女年齢に関係無く、関心がある方は学ぶ価値が高い専門分野となります。

鍼灸師の資格を活かすことはできるのか

鍼灸師の資格を取得した場合、専門の施設へ就職する方もいますが、自分で独立をして開業する方もいます。どちらにもメリットやデメリットがあり、初めから上手く行くことは少なく、就職をしても開業をしても試行錯誤の連続です。
しかし鍼灸師としても資格を活かして働こうとする強い気持ちは、多くの期待や可能性に繋がります。

国家資格である鍼灸師の良さについて

専門的な分野をしっかり学んだ人物であることが分かる鍼灸師の国家資格保有者は、どのような現場でも必要とされる可能性があり、特に最近では介護や福祉の現場でも広くはりやお灸が取り入れられています。
施術に関する知識や技能も大切ですが、依頼者の気持ちの寄り添えるコミュニケーション能力も同時に求められる仕事です。昔からの夢として鍼灸師に関心を持っていた方は、しっかり勉強をして国家資格を取得することをおすすめします。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム