訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

鍼灸師のレベルアップによる医療貢献を実践


はり・きゅう国家資格者の専門団体である鍼灸師会は、全国に大小さまざまに存在しています。
鍼灸師のレベルアップや鍼灸治療の普及のため、さまざまな活動をしています。
各種研究会や専門領域研修を開催するほか、健康保険制度などについて行政に積極的に働きかけ、鍼灸師がより快適に仕事ができる環境を整備することも、鍼灸師会の役割です。
鍼灸師会は行政や医療関係団体とともに、医療に貢献をすることを目的として活動をしています。

鍼灸師としてレベルアップができる

鍼灸師会に入会するメリットは、自己のレベルアップができる点です。
厚生労働省後援の学術講習会もその一つです。講習会の講師は鍼灸師だけではなく医師など、さまざまな分野の講師による講義を受けることができます。
鍼灸師としての技能を高め、知識を深める研修会も実施。自分だけの勉強では世界が狭くなってしまうこともあります。
鍼灸師会に入会することで、知識や技能の幅が広がり、質の高い施術をすることができるようになるでしょう。

鍼灸師会への入会方法は簡単!

鍼灸師会への入会は、書類を提出し入会金と会費を支払うことで入会できます。入会用紙に必要事項を記入し、写真・はり師・きゅう師の免許証写しを用意します。
施術所を開設している場合は開設届のコピーも必要です。鍼灸師会によって入会金や年間費は異なるため、各鍼灸師会へ確認するようにしましょう。
書類提出後、理事会または正副会長会において「入会審査」が行われて認証されれば入会できます。入会が決定したら、入会説明会に行き、そこで会員証を交付されます。

入会費と年間費がかかる

鍼灸師会に入会する際に必要な費用は、入会金と会費です。鍼灸師会の中には若手育成のために新卒会員制度を導入し、正規会員よりも入会金や会費を安くしている場合もあります。
また、施設保有の場合と出張専門の場合でも費用が変わる場合があります。
各鍼灸師会によって費用が異なるため、どの鍼灸師会へ所属するかそれぞれの鍼灸師会で行っている内容や費用面を比較してみることがお勧めです。

メリットも多い鍼灸師会

鍼灸師会に入会するには入会金は会費が必要です。わざわざ入会することもないのでは?と考える人もいるでしょう。
鍼灸師会に入会するメリットには、さまざまな研修会や講習会に出席できることです。
研修会の内容も充実し、鍼灸師としてのレベルを高めることも可能な研修会や講習会です。 また、鍼灸師として経験を積んだ先輩や、同じ夢を持つ鍼灸師と親睦を深めることができます。情報交換もできますし、鍼灸師としての視野も広まるでしょう。
そういったことをメリットとして感じられるのであれば、入会しても損はしないでしょう。

鍼灸師会に入会して視野を広げる

鍼灸師会ははり・きゅう国家資格者の専門団体です。鍼灸師の質を高め、よりレベルの高い施術ができるようにし、鍼灸治療を広めるのが役割です。
専門講師や医師などによる研修会などもあり、先輩や開業者などとの交流もできるため、鍼灸師として視野を広めることも可能です。
鍼灸師として仕事をするうえで、メリットも多いでしょう。入会するには、入会金と会費が必要です。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム