訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

鍼灸師の就職について知る


せっかく国家資格を取得しても自分の希望通りの就職ができなければ、やりがいをなくしてしまうでしょう。鍼灸師の就職の現状はどうなっているのか?また失敗しない就職先選びについて考えてみましょう。

条件だけで選ぶと失敗する

就職するにあたり条件は大事です。給与は高いか?休日はきちんと取れるか?福利厚生は整っているか?といった条件は快適に働くうえで重要なこと。
就職をする際にはそういった条件をしっかり確認することが大事です。
鍼灸師の就職においても同じことが言えます。どんなにやりがいがあっても、生活をしていけない給与では困ります。
しかし、鍼灸師は条件だけで選んでしまうのも考えものです。鍼灸師になりたいと国家資格を取得したのであれば、どのような鍼灸師を目指すのか、といった思いもあるはずです。
実績を積んでいつかは独立開業をしたい、という思いがあるなら、条件だけで治療院を選んでしまうといつまでたっても独立開業できない、ということになります。

治療院の特色を把握しよう

鍼灸師が就職をする治療院はさまざまです。鍼治療を専門に行っている治療院もあれば、マッサージなどを主体に行っている治療院もあります。
また最近では美容鍼灸など美容鍼を取り入れていたり、不妊治療改善の針治療など専門分野の鍼灸を行っていたりする治療院もあります。
また、地域性もあり、治療院にやってくる患者さんは高齢者が多い、スポーツ関係の人が多いなどといった違いもあります。治療院にはそれぞれ特色があるのです。
そこで就職をする際には、治療院の特色を確認することが重要です。自分は将来どのような鍼灸師になりたいのか?鍼灸師としてどういった勉強をしたいのか?といった希望に合った治療院を選びましょう。

治療院の方針や治療内容を確認

就職する際にはどのような技術を身につけたいのか?どのような鍼灸師になりたいのか?と認識して就職先を選ぶようにしましょう。
鍼灸師としての実力を着実に身につけるなら、鍼灸院です。鍼灸をメインに治療をするところですから、しっかりと勉強ができるでしょう。
治療時間もゆったりとしているので自分のペースで学ぶことができます。
また、治療院の先生の方針も確認しておくことが大事です。どのような内容の鍼灸治療を行っているのかを確認し、自分の勉強したい内容と合っているかどうかを確認しましょう。

鍼灸のプロとしてさまざまな形で活躍

鍼灸師になるには国家資格を取得しなければなりません。専門的な勉強をして合格し、治療院に就職することで、鍼灸のプロとして仕事をしていくことが可能です。
治療スタイルや治療内容が自分のやりたいことと合っていれば、自分の理想の就職ができるでしょう。また病院などに就職すれば、リハビリスタッフとして活躍することもできます。
エステティックサロンなどに就職すれば、美容鍼灸師として、体の機能を改善させるだけなく、美しさを求める女性をサポートする鍼灸師になれます。専門的な勉強ができ実力がつけば、独立開業をして自分の治療院を持つのも夢ではないでしょう。

自分のやりたい治療ができるかどうかを確認

鍼灸師として就職する際には、自分の希望と合っているかどうかを確認しましょう。
条件を含めて、鍼灸治療の内容や方針は理想と合っているか、実力をつけることができるか、また専門分野を勉強したいのであれば、それが発揮できる環境であるかどうかをしっかり見極めることが大事です。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム