訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

就職先が見つからない!ということにならないために


せっかく資格を取得したのに、就職先が見つからない可能性があるという点は鍼灸師のつらいところです。世の中には鍼灸院は増えているものの、個人経営をしているお店も多く、そういったお店では人を雇用する余裕はありません。
そのため、資格を持っていても、正社員になれないまま仕事をしていたり、資格がなくてもできる仕事しかできなかったりすることもあります。
そのようなつらい目にあわないためにも、在学中から人脈を広げたり、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師などの資格も取得したりしておきましょう。就職先の幅が広がるはずです。

安定して稼ぐには努力が必要

医療系の国家資格ということから、安易にたくさん稼げるだろう、と考えている人もいるかもしれません。手に職をつければ安心ということで、鍼灸師を目指す人も多いでしょう。
しかし、実際、鍼灸師の給与は高くありません。むしろ低い方と言っていいでしょう。もちろん中には開業して、たくさん稼いでいる人もいます。
事業が軌道に乗って、安定した収入が得られるようになるまでは、つらい環境を乗り越え、自分の腕を磨くことが大切です。

人間相手の仕事はつらいこともうれしいこともある

鍼灸師は人間相手の仕事です。患者さんには年齢も幅広く、さまざまな性格の人がいます。
鍼灸師はそれに合わせて接することが求められます。いくら知識があるからといって、患者さんすべての症状をアッと言う間に治せるわけではありません。
時にはつらい言葉を投げかけられることもあるでしょう。それでも、笑顔で、親身になって対応することが大切です。しかし、人相手の仕事はつらいこともありますが、うれしいことも多いものです。

たくさんのライバルの中から勝ち抜く戦略が必要

鍼灸師として雇用されて働くよりも、開業した方が収入も増えるし、自分の理想を実現できる、と開業をする人も少なくありません。
しかし、鍼灸師の数は増え、鍼灸院も増えています。それだけライバルが多くなっているということです。それも鍼灸師としてはつらいことの一つです。
多くのライバルの中から勝ち抜いていくためには、たとえば美顔鍼灸など特化した施術を行うなど、オリジナリティが必要です。

鍼灸師にしかできないことがある

就職先がなかなか見つからない、就職しても思い通りの仕事ができない、給与が安いなど、つらいことも多い鍼灸師ですが、資格を取得し鍼灸師として仕事がしたいと学ぶ人は増えています。
手に職をつけたいといった理由で鍼灸師を選ぶ人もいるでしょう。しかし、鍼灸師は、専門的知識と技術を持ち、患者さんのつらい体の悩みを解消していくことができる職業です。
体の悩みの改善を通して鬱のような状態が晴れるなど、心のケアのお手伝いができるのも鍼灸師の魅力です。ほかの職業には代えがたいやりがいのある仕事と言えるでしょう。

つらいながらもやりがいを感じる鍼灸師

憧れの鍼灸師になっても、就職先が見つからなかったり、アルバイトとして働くしかなかったりとつらいことも多いものです。人間相手の仕事のためコミュニケーションの取り方なども重要で、精神的にも配慮が必要です。
しかし、つらいことばかりではありません。人との関わりで信頼関係を築くことができる、開業して自分のやりたいことができる、といったメリットもたくさんあります。鍼灸師はやりがいを感じながら仕事ができる職業です。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム