訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

介護用品などの購入に使える助成金


訪問マッサージは、介護用品を購入する際に助成金を使用して開業できるようになっています。 高額な商品が多く、設備投資に費用が掛かる場合が多い訪問マッサージでは、様々な設備が必要となることから、少しでも負担を減らすことができるのが目的です。 上限が150万円で費用の25%の援助を受けられるようになっています。 便利な制度を利用することで、従業員の負担を減らしながら、利用者が満足できる環境づくりを整えて訪問マッサージ事業を開始できるでしょう。

人材を採用する際に使える助成金

キャリアアップ助成金と呼ばれるこの制度は、正社員として働く従業員を少しでも増やして、より良い環境で業務に遂行できるようにすることが目的です。 安定した就業環境が整う正社員としての勤務は、雇用する側も働く側もメリットが大きいでしょう。一人当たり50万円前後の助成金を受けて訪問マッサージの開業ができますので、パートやアルバイトだけではなく、キャリアアップをして正社員になる従業員を増やすためには、便利な助成金を利用して、優秀な人材を確保することが可能です。

育児休業を導入する際に使える助成金

両立支援助成金と呼ばれる制度を利用しますと、男性が育児休業を希望した場合や希望しやすい環境を整えることができる助成金で、訪問マッサージの仕事と育児の両立を、事業主側が支援することで、仕事にも集中しやすくなって、家族の負担を減らしながら働けるようになります。この制度は一人目の育児休業だけの助成金ではなく、二人目以降にも活用できますので、充実した訪問マッサージ事業を展開させられるでしょう。

高齢の社員を採用した際に使える助成金

訪問マッサージの仕事は、高齢になっても継続できる仕事です。そのため、高齢になっても継続して働こうとする社員を支援する際には、便利な助成金を使って雇用に役立てることができます。 65歳超雇用推進助成金は、希望者全員を対象にして66歳を超えても雇用吸う場合と65歳での定年制度を廃止する場合のよって支給額が変わりますが、どちらもケーズでも一人当たりおよそ10万円から20万円の助成金が受けられて、訪問マッサージの仕事を継続できる仕組みになっています。

離職率を低下させつために使える助成金

離職率を低下させたい場合訪問マッサージには、働きやすい環境を経営者が構築しようとするために費用が掛かる場合には、助成金が用意されており、非常に便利に活用できる制度です。 目標達成助成と制度導入助成に分かれていて、目標達成制度では50万柄に以上の助成金が受けられます。また一方の制度導入助成の場合には、研修制度や健康づくり制度などの各制度に10万円が助成されるようになっていて、訪問マッサージの仕事を長く継続して働く社員を一人でも多く増やせるために役立てられています。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム