訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

訪問マッサージの開業方法を知ろう


訪問マッサージの開業方法を良く知っておきますと、その後の開業準備もスムーズに進められるのは、もちろんですが、余計なコストを掛けずに訪問マッサージの開業ができます。 比較的費用を抑えて事業が開始できる訪問マッサージは、介護保険の保険外のサービスになりますので、資格を活かして手軽に始められるマッサージの業種の一つで開業方法も容易でしょう。既に鍼灸院などを開院している場合には、新たな部門として往診スタイルで訪問マッサージを開業することもできます。

開業届を忘れずに申請しよう

訪問マッサージの開業方法を理解する上で欠かせないのは、開業届の申請です。 開業から10日以内に申請する必要があることから、忙しくなってしまう前に早めに済ませてしまうのがおすすめです。この時に、施術者の免許証や個人事業主としての開業届が必要になる場合があります。 自分がどれに該当するのかを事前に把握しておくためには、事前に開業する店舗の業態についてよく理解することが大事になります。分からない点や不安な点は、保健所や税務署へ問い合わせを行い、不備がない開業方法で手続きを進めましょう。

マッサージ師教会などの加入しよう

訪問マッサージの開業方法として大切なのは、自分自身が地域医療に深く貢献する役割があると理解することです。 各都道府県では、訪問マッサージ事業がより円滑に進められるように、マッサージ師協会などの団体が数多く存在しています。このようなものに加入しておきますと、初めての開業でもパニックにならずに様々なサポートが受けられます。 訪問マッサージの開業方法は、それぞれに合った選択肢によって進められるので、加入前に良く比較検討をしましょう。

営業の仕方を確立しよう

訪問マッサージは開業方法としては往診スタイルでの営業になります。そのため、利用者宅へ訪問する際の車などの移動手段を用意しておく必要があります。 開業方法によって規模が異なりますが、複数施術者を雇用して訪問マッサージを行う場合には、その分だけ移動手段となる車の台数を増やすことになります。また、経営者と施術者が別の場合であっても、しっかり施術者とのコミュニケーションを図ることが重要で、現場でどのようなことが起こっているのかということを常に理解できている経営者である必要があります。

訪問マッサージの需要は増えています

訪問マッサージの開業方法は様々ですが、高齢化社会が進むことに伴って、より多くの需要があることは確かです。 何か新しいことを始めるために、新規事業の開業方法を調べている人は、訪問マッサージの分野に注目すると良いでしょう。そのためには、世の中の動きや今後の状況を見極める判断力を養って、事業を成功させることがポイントです。

利益に繋げやすい分野です

訪問マッサージの開業方法を理解しますと、利益につなげやすい分野であることが分かるはずです。その理由は、需要が多いことに加えて、少ない経費で開業準備ができますので、早い段階で利益に繋げられます。また訪問マッサージの開業方法には、様々なやり方があることから、自分なりの工夫で儲けを増やせる今後さらに注目の業界となります。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム