訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

介護事業の独立で不安視される問題点と適切な解決策とは


介護事業の独立は高齢化社会である今、さらにニーズが高まる市場拡大事業です。
先行きの明るい業界ではあるものの、倒産して撤退した事例も少なくありません。
多くの人がどういった点を不安視しているのかをしっかり把握した方がよいでしょう。
さらに、問題点に対しての解決策も頭に入れておけば、失敗することは少なくなります。

介護事業の独立で必要な資金や人材

介護事業の独立で不安視されるのはまず資金の用意や資格を有した人材を獲得しないといけないことです。
介護支援、訪問介護、通所介護のいずれにしても同様です。
必要な要件を満たすとともに、必要書類の提出もしないといけません。
多くの資金がかかるとともに、資格を有した人材を獲得するのがネックになる場合もあるでしょう。

さらに、介護保険は3年に1回見直しがされるため、結果的に診療報酬が引き下げとなる可能性もあります。
予定していた年収から大幅にダウンしてしまう場合もあるため、臨機応変に対応するのが肝心です。
もちろん、現場で働く従業員の給料にも大きく影響します。
自分自身で情報収集しないと社会の動きに乗ることができません。
結果として倒産につながってしまう場合もないわけではありません。

フランチャイズでの独立における問題点

フランチャイズでの独立した場合の問題点となるのは、毎月のロイヤリティを支払わないといけない点です。
本部のネームバリューを得られるとともに、営業のノウハウや戦略マニュアルを手に入れることができるものの、資金面で大きなサポートは期待できません。
さらに、独自サービスを展開しにくいのも不安要素になります。
本部の指定に沿っての事業運営になるのが大きな理由になります。
解約時の違約金請求もひとつの不安要素です。
契約解除をするときには違約金を支払わないといけないため、違約金の発生する条件も調べておいた方がよいでしょう。

さらに、守秘義務や競業避止義務もあります。
本部のノウハウを外部に漏らしてしまうことはできず、後々のトラブルを避けるためには事前に契約を内容の確認が必要です。
さらに、場合によって専門家に相談するのもひとつの方法です。
フランチャイズでの独立をすれば万事解決というわけではありません。
さまざまな制約があるとともに、ロイヤリティを支払うという点も加味したうえでの判断をしないといけません。

先々まで見据えての準備計画の実行

介護事業の独立で不安視されるのはまず資金面です。
開業してから半年程度は収入がないことが予想されるため、その間の資金も用意しておかないといけません。
会計監査も適切に行うようにした方がよいでしょう。
日本政策金融公庫やシニア起業家支援資金などのさまざまな融資があるため、資金が不足した場合は検討するのもひとつの方法です。
資格を有した人材を獲得できたとしても、やめてしまうリスクも頭に入れておくべきです。
そのため、誰かがやめた場合でも対応できるだけの人員を揃えておくのが望ましいといえます。
フランチャイズでの独立を選択するかどうかも事前に不安要素をすべて理解したうえでの選択をすべきです。
自分自身ですべてにおいて一から対応する方法とどちらがよいかを考えるのがよいでしょう。

まとめ

介護事業の独立で不安視される問題点は資金面と人材の獲得です。
資金面は先々まで見据えての対応をしないといけません。
人材の獲得もやめてしまうことも視野に入れておかないと、事業継続が難しくなってしまいます。
資金面は融資を受けるという方法も視野に入れた方がよいでしょう。
また、フランチャイズ加盟をするかどうかも考えた方がよいといえます。
メリットもあればデメリットもあることを理解したうえで決断するようにしましょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム