訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

フランチャイズ加盟の成功率と向く人向かない人の差とは


フランチャイズ加盟の最大のメリットは成功しているビジネスパッケージでビジネスをスタートできる点です。
異業種から独立開業をするにあたっては特に分からないことがたくさんあるため、ある程度レールが敷かれた状態からスタートできる意味は大きいです。
しかし、向く人向かない人がいる事実も覚えておいた方がよいでしょう。
成功率が高くて向く人と向かない人はどういった差があるのでしょうか。

フランチャイズ加盟に向く人向かない人の差

フランチャイズ加盟に向く人向かない人の差は明確にあります。
まず、フランチャイズ加盟をすれば万事解決と考えている人は早い段階でギブアップする人が多いです。
あくまでもひとつの手段であり、成功とは異なると認識している人の方が成功率は高いといえます。
深い考えがなく独立開業をすると、すぐにやめたがる人が多いです。
明確なそれぞれにおける成功のビジョンを有していないと、成功するのは難しいです。
また、安定を求める人も向いていない人となります。
独立開業をするという選択そのものが安定ではありません。
毎月安定して給料を支払ってもらえる会社員として働いた方が安定を得られます。
本部がサポートはしてくれるものの、最後の責任を取るべきは独立開業した本人です。
リスクもリターンもあるからこそ独立開業であり、安定は捨てるべき考えは捨てるべきです。

本部の考えに沿ったうえで自分事として活動していける人は向く人となります。
ただ本部からいわれるがまま活動する人の成功率は高くありません。
求めている結果が出るかどうかは自分がやらないといけない活動を疎かにしないのが鉄則です。
本部が積み重ねてきたノウハウを生かすことで、成功率は高くなるものの、最終的に自分自身が求めている結果を出すために活動しないといけません。

理念に共感できないのなら危険

フランチャイズ加盟はいうまでもなく、本部の理念に沿ってビジネスを展開していくものです。
本部の理念と自身の考えに相違があるのなら、成功率は低くなります。
特に成功率が低い人の特徴としては目先の数字にとらわれてしまうことです。
ビジネスを展開するにあたってのベースとなるのは数字であるものの、数年後まで見据えての数字を意識しないといけません。
また、仮にひとつの事業が成功した場合でも、次の新規事業を立ち上げるにあたってまた0からのスタートとなります。
理念に共感できないと新規事業の成功率は低くなってしまいます。

前提となる条件が決まっている

フランチャイズ加盟するということは、ある程度の前提条件が決まっているのが特徴です。
成功するための前提となっている条件やルールが決まっているのがメリットとなります。
しかし、自分自身の考えに走って活動するのには制限があります。
フランチャイズ加盟するか、自分で一から対応するかのどちらが優れているかではなく、どちらが向いているかをまず考えるべきです。
向き不向きがあるのは間違いなく、考え方に相違が生じるのであれば、独自路線を追求した方がよいでしょう。
成功の近道になるかは考え方に相違が生まれないか、あるいは自分事として活動できるかどうかが大きなポイントになります。

まとめ

どういった業種であってもフランチャイズ加盟をすれば成功が約束されるわけではありません。
あくまでも成功するためのノウハウがあるなかで、パッケージ通りに活動できることで成功率が高まるだけです。
理念に共感できないのなら、後々考え方に相違が生まれてやめてしまいたいと思うようになりがちです。
前提となる条件が決まっているのがプラスとなるかマイナスとなるかを精査したうえで数年先まで見据えて決めるのが望ましいといえます。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム