訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

介護フランチャイズにおける問題点と適切な対処法について


介護事業を新規で立ち上げる場合、人材を確保や物件探しや資金の借入などをしないといけません。
さらに都道府県の指定も必要となります。
すべてにおいて一から対応するのは難しいからこそ、フランチャイズに加盟するという方法も視野に入れた方がよいものの、何も問題点がないというわけではありません。
何が問題点であるのか、そして適切な対処法について理解を深めましょう。

介護フランチャイズにおける多岐にわたる問題点

介護フランチャイズにおける問題点のひとつとなるのは、新規開業にかかる費用を抑えるのは難しい点にあります。
基準を満たす設備や人員の手配を行わないといけません。
開業前に資金繰りに苦しむという人もいないわけではありません。
また、ブランドによって集客が見込めるとうわけではないのも留意点になります。
多くの利用者により利益を獲得できるものの、ブランドが大きな意味をもたらすわけではありません。
本店からの制約も多いことから、思うようなサービスを実現できない場合もあります。
そして、介護保険法は3年ごとに変わるため、対応の遅さはそのまま客離れにつながる恐れもあります。
あくまでも本店の指示によって対応していくため、適切な対応となるかはそのとき次第といえるでしょう。

解約時の違約金も事前に頭に入れておいた方がよいでしょう。
高額な違約金が発生するため、違約金を払えないとロイヤリティを支払い続けることになります。
もちろん、契約違反を起こしてしまった場合は違約金の支払いを求められる場合もあります。
独自に事業を展開したいとなった場合にも、守秘義務や共業避止義務を負うことになるため、契約を解除して独自路線を追求するのは難しくなる理由となるでしょう。
異業種からの参入が容易となり、本店や会員同士の情報交換も行えるといったメリットもあるものの、デメリットも少なくないことを頭に入れておくべきです。

介護フランチャイズにおける問題点に対しての適切な対処法

介護フランチャイズにおける問題点は多岐にわたっているからこそ、適切な対処法を知らないといけません。
まず、フランチャイズに加盟する前に情報収集をしましょう。
情報の開示が行われているものの、聞き込みを行って開示された情報に間違いがないかを調べるべきです。
もしも、食い違いが多い場合はそれだけリスクが高くなると考えて大丈夫です。
また、契約をするときには必ず情報は書面で保管しましょう。
後にトラブルになったときに書面がないと対応するのが難しくなってしまいます。
もちろん、契約書の内容を理解したうえで、トラブルが発生したときは第三者を介入させて解決を目指すのが基本です。

慎重に判断したうえでの決断を

介護フランチャイズにおける多岐にわたる問題点があるものの、適切な対処法を駆使すれば何かトラブルが起きたときに解決しやすくなります。
他業種と比べるとフランチャイズに加盟する意味は薄れるのが事実です。
実績もノウハウもないところを選択してしまうのは後に大きな後悔をする理由につながります。
自分で新規事業を立ち上げるべきかを比較検討して決めるのがよいでしょう。
慎重に検討を重ねてから加盟すれば、メリットは大きくなります。

まとめ

介護フランチャイズにおける問題点は多岐にわたっており、他業種に比べると加盟するメリットは少ないです。
独自路線を追求したい考えが強い場合は、自分で新規事業を立ち上げるのがよいでしょう。
さらに、加盟する場合は事前に本店の情報や契約内容を確認してから決断しましょう。
慎重に判断したうえで決断しないと、認識違いも起こりやすいです。
メリットもあればデメリットもあることを頭に入れておいた方がよいでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム