訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

介護業界での独立開業で知らないといけない資格やルールとは


介護業界から独立開業をするためには必要な資格があります。
また、法人形態を決めるのも大きな要素になります。
入念な計画を立てたうえで準備しないといけないことがたくさんあるのが事実です。
独立開業をするまでには何が必要であるのかを事前に把握し、適切な対応を行っていくようにしましょう。
また、どういった選択肢があるのかを知る意味も大きいです。

介護事業の独立開業で必要となる資格やルールについて

介護業界で働くのであれば、特別な資格を必要としない場合も少なくありません。
しかし、独立開業をする場合はいくつか必要な資格があります。
有資格者がいることで信頼性を向上させることもできます。
まず、サービス提供責任者は絶対に必要です。
ホームへルパー2級の場合は実務経験を3年以上務めていれば問題ないものの、報酬が10%減算されてしまうのが注意点です。

運営資金を確保するのが難しくなるため、実務者研修以上の資格を有している人がいるかが重要になります。
看護師、ホームヘルパー1級、保健師などが該当します。
もちろん、ひとりだけ集めた場合は辞めざるをえない状態になったときに頭を悩ませるため、余裕をもってサービス提供責任者を雇うのが大切です。
社会福祉士や精神保健福祉士は生活相談員として活躍ができます。
看護師や准看護師は利用者に異変があった場合に迅速な判断ができるでしょう。
利用者にとって安心感をもって利用できるのも大きいです。
実業務に直接関わる資格以外にも利用者の安心につながる資格もあります。

独立開業をする場合の3種類の業種

独立開業をする場合「デイサービス」「訪問介護」「居宅介護支援」は3種類の業種に分けることができます。
デイサービスを開業するためには各都道府県に指定申請を行う必要があります。
生活相談員か介護職員のうちひとりは常勤者とするといった基準も満たさないといけません。
訪問の場合は比較的資金が少なくても開業はできるものの、人員基準を満たすための整備をしないといけません。
居宅介護支援も指定申請を行い、開業予定地の都道府県が定める指定基準を満たす必要があります。

フランチャイズに加盟して独立開業

国がサービスの価格を決めていることが失敗する可能性が低い業種ではあるものの、業界全体のルールがどんどん変わっていくのも特徴の業界です。
また、事情規模はこの先も広がっていくと考えて問題ありません。
流行に左右はされないものの、開業に行きつくまでにはさまざまな準備が必要になります。
さらに、サービス内容をよりよいものとするための試行錯誤も必要です。
そのため、フランチャイズに加盟するという方法も視野に入れた方がよいでしょう。
開業してただ待っているだけではなかなか利用してもらえないことも少なくないため、営業ノウハウやケアマネジャーとのコネクションがあるかどうかが大切です。
さらに、人材確保を見据えての立地や本部選びも重要な要素となります。
人手不足が大きな問題となっているこの業界において、安定して人材を確保できる理由となるでしょう。
フランチャイズ料を支払うことにはなるものの、メリットは多岐にわたっています。
すべてにおいて一から対応していくのが難しいと判断する人は特に注目すべき要素です。

まとめ

独立開業をするにあたって知らないといけない資格やルールは多岐にわたっています。
必要な人材を確保したうえで、体制を整えられるかを考えるのが大切です。
また、「デイサービス」「訪問介護」「居宅介護支援」は3種類の業種のどれを選択するかも重要になります。
フランチャイズに加盟するという方法もないわけではありません。
開業に至るまでのサポートをしてくれるのはもちろん、必要な人材を確保するにあたっても力添えをしてくれるのが大きなメリットです。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム