訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

売上は治療院、独立開業などで異なります


鍼灸師の売上について

鍼灸師を目指している人にとって、気になるのが実際に稼げる売上ではないでしょうか。 鍼灸師の売上には個人差があり、高い人もいれば低い人もいます。 このように人によって様々ですが、売上の相場は一般的には350〜500万円程度と言われています。 これを月収に換算すると、18~30万円程度というわけです。

働き方によって売上は変わってきます

鍼灸師の場合、その売上は新米からベテランまで、その経験によって大きな開きが出てきますが、これは逆に、技術を身につけて多くの顧客を確保できればそれ以上稼ぐこともできることを表しているのです。 そのため、新米の鍼灸師は経験を積んでスキルを身につければ、必然と収入増加を見込めます。 人によって働き方は異なりますが、鍼灸師の収入はその働き方によっても大きく変わってきます。 例えば、介護福祉施設や治療院などの専門機関のスタッフとして働いた場合や、独立開業した場合でも異なります。 鍼灸師が独立して軌道に乗れば、専門機関のスタッフとして働くより、より多くの売上を得ることも可能なのです。

治療院などの専門施設の場合

鍼灸師としての働き方の中で最もイメージしやすいのが、治療院や介護福祉施設といった専門機関への就業ではないでしょうか。 先ほども申し上げた通り、治療院で働いた場合の年収の相場は350~400万円で、月収換算では18~25万円程度になります。 それぞれの施設で実際の労働時間は異なりますが、その時間によっては売上も変化してきます。 また、日曜日や祝祭日が休みや、土曜日が午前中だけである施設もあります。 ただ、多くの施設ではシフト制を採用していることもあり、週5日の勤務時間であれば8時間が一般的です。 実際の売上は、鍼灸師の経験などによっても変わってきますが、治療院などの場合、毎月決まった額をもらえる固定給制度を採用しているところが多いです。

独立開業した場合

治療院や介護施設などの専門機関での勤務は、それぞれのスキルや勤続年数、経験などによってある程度の売上を見込めますが、どうしても限界があります。 そのためもっと多くの売上を目指したい方の中には、独立開業を視野に入れる人もいます。 独立開業による平均年収は700万円程度と言われており、スキルや経営能力などによっては1,000万円以上の売上も可能です。 また、専門施設のスタッフとは異なり、独立の場合は勤務時間などの働き方も自由にできます。 自身が経営者ですのですべてを裁量で決めることができるため、さらなる収入増加も期待できます。

高収入も可能です

鍼灸師の売上は人それぞれですが、働き方によってはそれを増やすことも可能です。 治療院などの専門機関のスタッフ、はたまた独立開業など、色々な働き方がありますので、自分に合ったスタイルを選びましょう。 仕事が軌道に乗れば売上は必然と上がってきますので、自分を信じて努力することが大切です。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム