訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

会社設立と個人事業主のメリット・デメリット総まとめ


これから事業を始めようと思う人は会社設立と個人事業主のどちらを選択すべきは迷うはずです。
いちがいにどちらが優れているというわけではなく、メリット・デメリットを加味したうえでの選択をするのが望ましいです。
置かれている状況や始めようと思う事業によっても選択は変えないといけません。
後に後悔しないためにはまず両方の強みと弱みを知らないといけません。

会社設立の注目点

会社設立をした場合の最大といえるメリットが社会的信用を得やすいことです。
個人よりも法人の方がよい印象を抱いてくれて、銀行からの融資も受けやすいのも特徴になります。
取引先と商談するときにこの信用度が非常に重要になっていくのは間違いありません。
さらに、節税手段が増えるのも魅力的です。
生命保険や退職金などが経費として認められます。
法人の場合は7年間繰り越して控除できるのも大きいです。
最初は赤字が続くと予想される場合は特に7年間繰り越して控除できる意味は大きくなるでしょう。
ほかにも株式の増資による資金調達も可能であり、決算月も自由に決められます。
失敗したときのリスクが少なくなるのが大きく異なる点といえるでしょう。

デメリットになるのは会社設立をするときに費用と手間がかかってしまうことです。
登記申請が必要であり、多くの人が専門家に依頼して対応しています。
そして、法人であるというだけで税金がかかるのも特徴であり、売上が赤字の場合でも毎年7万円が必要です。
社会保険への加入が義務付けられているのも負担が大きくなる理由となります。
自力で会社処理を済ませるのは難しく、専門家に依頼しての対応が基本です。

個人事業主の注目点

個人事業主はすぐに事業を始められるのが特徴で、開業届を提出するだけで問題ありません。
一切費用がかからないのも嬉しい要素です。
会計処理も確定申告だけで1年間の事業の収支を計算して所得税額を算出します。
適宜会計ソフトなどを使い、自分で対応することも可能です。
日々の帳簿付けを行うのは手間であるものの、自力で申告できるのは魅力的といえるでしょう。

デメリットとなるのは社会的信用が低いことです。
銀行からの融資やクレジットカードの審査に通りにくいという問題があります。
信用を勝ち取るという点においては大きく劣ってしまいます。
そして、事業が失敗した場合に負債が残っても、全額弁済しないといけません。
所得が多くなると所得税の納税額が増えるのも注目点になります。
所得が多くなると予想できる場合、法人化することも視野に入れた方がよいでしょう。
人材を集めるにあたっても、会社で働きたいと思う人が大半であるため、思っているよりも集まりにくいのも考えられます。

最適な選択をするために先々の見通しを立てる

会社設立と個人事業主のメリット・デメリットを理解したうえで、どちらが優れているかを考えて選択しましょう。
最善な選択はそのときどきで変わっていくのも覚えておいた方がよいでしょう。
先々の見通しを立てたうえでの選択をすれば、損をしない選択となるはずです。
事業の規模が大きくなる場合や売上見込みがある場合は会社設立を選択した方がよいかもしれません。
まずは小規模から事業を始める場合は個人事業主に分があります。
状況に応じて適切な選択をするという点も忘れてはいけません。

まとめ

会社設立にも個人事業主にもメリット・デメリットがあります。
大切なのはどちらも理解したうえで最善の選択をすることです。
目先のことだけではなく、先々の見通しを立てたうえで決めるのが望ましいといえます。
会社設立は失敗したときのリスクが少なく、社会的信用を得やすいです。
個人事業主は小規模から手軽に事業を始められるのが大きいです。
行おうとしている事業の種類にも応じて考えてみるのがよいでしょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム