訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

鍼灸師が訪問治療の依頼を受ける意義について紹介します


鍼灸師の働き方

鍼灸師の働き方には訪問治療なども含めて非常に多様性があると考えられます。
鍼灸師は針によって患者さんの体調不良の改善を行っていきますので、針灸師の能力に頼ろうとする人がたくさんいることになります。
最初のうちは一定にスキルを身に付けなくはならないのですが、一定のスキルを身に着けてしまった後はフリーランスとして働くこと(訪問治療も含めて)ができるというメリットがあります。
国家資格ですので、一般の人が行うことができない施術を鍼灸師だけが行うことができるという点で一定の求人が必ず存在していることになります。
一定の勉強をしなければ資格を取得することができないのですが、努力すれば資格の取得は全く不可能なものではありませんので、鍼灸師の資格に挑戦してみる価値が十分にあるといえます。

スキルを磨いていく(訪問治療の依頼をうけられるように)

鍼灸師の資格は一定の勉強をすれば誰もがそれを実現できるのですが、鍼灸師の資格を取得したら一定のスキルを身に着けておくことが必要です。
患者さんの方でもできるだけ良い鍼灸師に診てもらいたいとおもうはずですので、スキルを持っていないと患者さんに来てもらえなくなってしまうことも考えられます。
スキルさえ磨いておけばその良さは人づてに広まっていくはずですので、多くの患者さんがやってくることになります(訪問治療を依頼されることも考えられます)。
ある程度の一定の患者さんが定期的にくることが見込まれるようになったら、鍼灸師として独立して自分の訪問治療対応のクリニックを開設してみるのもおすすめです。
子育てとの併用ももちろん可能です、スキルさえ持っていれば、自分で仕事を選んでいくことが可能になりますので、子育てをしている間は仕事を適度に減らして、子育てに手がかからなくなったら、再び訪問治療などの仕事に精を出して見ることも可能です。

病気の治療以外での活躍の場(訪問治療)

鍼灸師の仕事は病気の治療がメインであると考えられますが、実は美容やスポーツの分野でもその能力が重宝されるようになってきています。
針灸の効能によって、お肌の若返りをすることも可能になりますし、更には身体機能をアップさせることもできますので、スポーツ選手の能力アップにおいても針灸は効果を上げるようになっています(訪問治療を行うことを依頼されるケースも出て来ます)。
このような場合には、自分のクリニックに来てもらうというころよりも訪問治療が行われる事が多くなっています。
もちろん病気の治療の場面においても針灸は大きな意味を持ってきます自宅から動くことができない患者さんの場合も訪問治療が大きな意味をもってきます。
リハビリのためにハリ治療(訪問治療)を活用する人が増えてきています。
訪問治療などのフリーランスタイプの仕事をするうえで、労働保険への加入も必要になりますので、それについても準備も行わなくてはなりません。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム