訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

訪問マッサージで訪問マッサージの事業契約書が必要な理由


利用者からの要望に応じて様々な施術を行う訪問マッサージですが、契約書の存在によってオーナーと従業員の関係がより明確になります。訪問マッサージの事業をする場合、オーナー自身が経営から施術まで一人で行う場合もありますが、多くは直接施術をするスタッフを雇用するケースが多いです。そのため、訪問マッサージの事業をより拡大させるためには、経営者と従業員が契約書を結んでおくとトラブルを回避できます。

円滑に業務を進めるために必要な訪問マッサージの契約書

しかし、双方の関係性が良好であって、口約束で決まりについて確認するなどしておけば、訪問マッサージの契約書は不要かもしれません。しかしながら、そのような曖昧なままにしておきますと、後になって大きな問題となるケースが多いです。利用者に施術をするという大切な仕事である訪問マッサージは、経営者と親しい間柄にある場合でも、必ず契約書を交わして双方の考えや条件を確認しておくと良いでしょう。

決まった形式はあるの?

契約書と聞きますと、甲や乙などでお互いを表現する正式なものから、双方の思いや考えを書面に書いておく程度のものまで様々です。しかし、訪問マッサージのオーナーと従業員の関係ですと、どんなに親しい間柄であっても、仕事上では経営者と従業員と言う立場に変わります。契約書に決まった形式はありませんが、ネットなどにもある基本的なフォーマットなどを参考にして、見やすく分かりやすいものを作成しておきましょう。

訪問マッサージの契約書を作成する際のポイント

訪問マッサージの契約書を作る場合には、ポイントをおさえて作成した方が良い仕上がりになります。どんな契約書でも同じですが、特にオーナーと従業員と言う関係になりますと、後になって内容が異なっているという問題になりかねません。そのようなことにならないようにするためにも、一緒に話し合いをしながら作成するのが良いでしょう。仮に経営者が勝手に作成して、従業員が印鑑を押すだけにしてしまいますと、良く内容を確かめないまま書名や捺印をしてしまいます。一緒に作るようにすると、その後問題にならないはずです。

契約書がないことで起こるトラブルとは

本当に契約書が必要なの?と思うかもしれませんが、訪問マッサージの仕事を気持ちよく行うためには、経営者やオーナーとの関係が重要になります。仕事上のストレスだけでなく、上司との関係に悩むようになりますと、訪問マッサージの仕事自体が嫌になってしまいます。そのようなことがきっかけで、大切なスタッフが辞めてしまうリスクもありますし、残業代などの規定がしっかりしていなかったために金銭的なトラブルが起きることも考えられます。

どんなに親しい間柄であっても契約書は必要

訪問マッサージの事業を始める場合、経営者がスタッフや従業員として採用する人物の中には、昔からの知り合いや誰かの紹介など、親しい人を採用して事業を進めるケースも少なくありません。そのため、良い関係が続いている時には良いですが、経営を進める中で徐々に考え方の違いや方向性の違いが生じることがあります。そのような時に契約書が役立ちます。

作り方を理解して訪問マッサージの契約書を用意しよう

お互いの関係を維持するために役立つ契約書は、訪問マッサージの事業を効率良く運営するために欠かせません。作り方や作成のポイントを知っておきますと、いざという時に役立つものとして、自分の立場を守りながら双方の意見を交換できるようになります。契約書をきちんと用意して、経営者としての役割を果たしましょう。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム