訪問マッサージフランチャイズ総合ランキング

訪問マッサージの療養費改定


訪問マッサージ事業を行っていますと、療養費が改定されるということがあります。これらの情報はきちんと把握しておきませんと、利用者だけでなく経営者にとっても大きな問題となります。平成30年5月に厚生労働省が発表した療養費改定の情報は、6月1日から変更されることになっています。例えば、あん摩やマッサージ、指圧の場合には、1局所につき340円が請求されます。その他、往診料が2300円や施術報告書の交付料が300円などとなっています。訪問マッサージに関わる人は、正しい料金改定の情報を把握しておきましょう。

なぜ改定される?訪問マッサージの療養費

訪問マッサージの療養費は、どのような理由で改定が進められるのでしょう。一番の理由は、利用する人に対して施術をする人が少ないということが問題となっていて、高齢化社会が進む現代では、必要とする医療が上手く提供されない現状があります。そのため、どうしても訪問マッサージなどのリハビリ的な要素が高い施術の療養費が改定されることが多く、利用する人には大きな負担となります。

変化が多い療養費などの最新情報はしっかりチェックしよう

医療費だけでなく療養費も料金が改定されることがありますので、正しい情最新情報をきちんと把握できるように、自分や家族が関わる内容は良く調べておくと安心です。医療に関する内容ですので、テレビのニュースなどでも頻繁に取り上げられることが多いですが、厚生労働省のホームページを賢く活用するなどしますと、自ら進んで訪問マッサージに関する料金改定の情報をいち早く収集できるでしょう。

訪問マッサージの療養費改定による利用者側のメリット

訪問マッサージの療養費が改定されますと、利用する側の人にはどのようなメリットがあるのでしょうか。料金の改定には値上がりのイメージが強いですが、中には値下がりしている項目もありますので、利用する方には施術の料金がどのように改定されているのかをきっちりと知らせるのがおすすめです。利用者が療養費の改定をきっかけにして、今まで利用していなかった施術を取り入られるようになるなど、より良い状態になれるような施術が受けられるのが大きなメリットです。

訪問マッサージの療養費改定による経営者側のメリット

訪問マッサージの療養費が改定されますと、利用者だけでなく経営する立場の人にも変化があります。当然ですが訪問マッサージの売上や客足に変化が訪れますので、療養費の改定は他人事ではありません。しかし療養費の改定があった場合でも、継続して今まで通り利用する人がほとんどです。値上がりした部分に関しては、利益が増やせることもありますので、経営者としては療養費の改定がメリットになります。

今後更に需要が増える可能性が大きい訪問マッサージ事業

高齢化社会が進む現代では、訪問マッサージの需要が高くなる一方でしょう。そのため、療養費の改定も今後更に多くなる可能性や、金額の上げ幅が広がる可能性など、利用する人にとっては負担が大きくなることも考えられます。訪問マッサージの経営をしている人は、療養費の改定に関する情報だけでなく、常に最新情報を把握しておきましょう。

訪問マッサージの療養費改定に関する内容はきちんと把握しよう

複雑そうな印象がある訪問マッサージの療養費改定ですが、基本的には今までの料金から変更になる箇所があるというだけの話です。また、一度に全ての項目が改定されるということは少ないですが、古い情報をいつまでも把握したままでしますと、利用者からの問い合わせに正しい回答ができません。訪問マッサージに携わる経営者は、きちんと最新情報を把握しておくと安心です。

その他の訪問マッサージ開業に関するお役立ちコラム